nature
nature-sp
kuro4
kuro4

十蒸十曝黒人蔘

【内容量】18.36g(内容量140mg/重量204mg×90粒)

【原材料名】黒人蔘濃縮エキス末、ショ糖脂肪酸エステル、プルラン、フラボノイド色素

※本製品は、熟成された黒人蔘の“濃縮エキス”を1粒中に140mg含んでいます。

【摂取目安】1日3~6粒を目安に、水又はぬるま湯でお召し上がりください。

¥12,000 (税別)

● 大地の滋養たっぷりの「アダプトゲン」

「アダプトゲン」とは、通常は無害で、様々なストレスに対して抵抗力を高める働きのある、そして身体の生理機能をどの方向にずれても正常化する作用を持っている天然のハーブのことです。
古来より珍重され、人々を健康不安から救ってくれた“King of Herbs”である※「人蔘」は、アダプトゲンを代表するもので、そのチカラから“Panax Ginseng”と名づけられました(Panaxとは、万能という意味)。それは二千年の歴史に裏付けられ、現代科学も認める大自然の恵みです。
そして今、「十蒸十曝」という漢方の叡智で“熟成”され、さらにパワーアップしました。

※「人蔘」・・・通称/高麗人蔘   学名/Panax Ginseng(パナックスジンセン)

● 十蒸十曝黒人蔘とは

錦山産高麗人蔘の上等な6年根を厳選し、「40~50℃の低温で8時間蒸すこと」と「日陰で約2ヶ月かけて乾燥すること」を1工程とし、それを10回繰り返します。白色の人蔘が紅色・褐色、そして黒色に変化して「黒人蔘」になります。大きさ、重さは約1/3~1/4に減少します。
この「十蒸十曝」の過程を経ることにより、長い時間と歳月をかけて十分に“熟成”され、新たな活性成分“ジンセノサイド”が人蔘内で生成されます。
黒人参標本
参考:白人蔘は生の高麗人蔘(水蔘)を乾燥したものをいいます。 紅人蔘は蒸気で7~9時間蒸したものをいいます。

● 多種豊富な“ジンセノサイド”(人蔘サポニン/Ginseng saponin)

「人蔘」の有用成分は“ジンセノサイド”というサポニン群で、他の植物に比べ一番多くのサポニンを持っています。
約40種類の“ジンセノサイド”が発見されており、それぞれに作用が異なります。その種類の多さと構成比率において、他の種のPanax属の植物とは比較にならないくらい優れており、“King of Ginsengs”と呼ばれています。
そして「十蒸十曝」はこの豊富な“ジンセノサイド”を、さらに驚きの増量と理想のパワーバランスにまで高めます。

● 特許製法 第0496418号(KOR)

「十蒸十曝黒人蔘」は古来伝承されてきた「九蒸九曝」の製法を現代に蘇らせ、さらに高水準にして生まれたものです。それゆえ、従来の紅・白人蔘と比べて、成分的にも大きく違いが認められます。その「十蒸十曝黒人蔘」の有用成分を高品質のまま抽出できる技術を確立しました。この比類ない高技術の製法とその成分内容は、幾星霜もの韓国の人蔘史上かつてない“発明特許”を取得しています。

参考:「九蒸九曝」とは
生薬を熟成することによって、その働きを最大限に引き上げる漢方の伝統製法。古代朝鮮王室の秘法とも伝えられ、有史以来、極めて高貴とされ一般には汎用されていませんでした。
また高い技術力と長い歳月を要することからも、現代では途絶えてしまい “幻の人蔘” といわれるようになりました。

● “ジンセノサイド”が3倍に!

十分に熟成された「十蒸十曝黒人蔘」には、他の人蔘と比較して、“ジンセノサイド”が多量に増加して含まれています。主要“ジンセノサイド”は通常の紅人蔘の倍以上を有し、さらに紅・白人蔘には本来ない、あっても含有量の少ないRg1、Rg2、Rg3、Rdといった有用な“ジンセノサイド”を3倍以上に増やしています。
有用成分“ジンセノサイド”の大幅な増量は、従来の人蔘にはなかったヘルスケアを実現します。
ジンセノサイドグラフ

● “ジンセノサイド”は陰陽バランスが肝心!

「十蒸十曝黒人蔘」は熟成されることによって、ジンセノサイド-Rg3などの“鎮静サポニン”が特に増加して、神経系の安定を維持するために必要な“鎮静サポニン”と“興奮サポニン”がバランスよく含まれ、「陰陽」の調和がとれています。
そのため、生理機能の活動と休息の両方を選択的に調整します。
ジンセノサイドの機能

● 吸収力抜群の濃厚エキス!

「黒人蔘」は「十蒸十曝」の熟成過程で、人蔘組織の中のデンプン粒子をSol状態からGel状態に転換するため、他の人蔘より消化吸収が優れています。
その「黒人蔘」から抽出・濃縮された“濃厚エキス”だから、さらに有用性が高まります。